トップページ

寺院だより

永代供養墓「蓮花廟」のご案内

最近は後継者がいない方や経済的諸事情にて、墓地を求めずご遺骨を自宅に安置したままの方が増加しています。 永代供養墓「蓮花廟」は後継者がいなくても鎌倉時代建立の歴史ある円光院が永代供養しますので安心です。

永代供養墓「蓮花廟」の特徴

円光院が永代供養致しますので後継者がいない方にお勧めします。
お墓を建立するより少ない費用で納骨できます。
歴史ある円光院が春秋彼岸、お盆の墓前供養、本堂での名簿供養にて永代供養致します。
年間管理費、維持費などは必要ありません。
本堂横の一等地に建立。お参りはご自由です。
墓誌に戒名、俗名を彫り、故人の証を残します。
生前のお申込みも可能です。(葬儀代は含みません)
俗名、他の宗旨で葬儀をされた方も納骨できます。ただし、納骨後の供養は円光院が行います。
納骨方法は観音様の下に合祀(散骨埋葬)と納骨堂内の棚に骨壺のまま安置の両方から選べます。
法事をご希望の方は本堂にて円光院が行います。(布施は別途申し受けます)
お戒名をご希望の方はお授け致します。(戒名料は別途ご相談下さい)

納骨堂内はご遺骨を個別に安置する棚になっています。納骨堂内地下は散骨埋葬カロートがあり、納骨方法を選べます。

  <永代供養料>  
  合祀(散骨埋葬)一霊 25万円(納骨手数料、墓誌プレート代含む)
  納骨棚個別安置 お問い合わせください

御見学はご自由です。住職不在の時もありますので説明が必要な方は事前にお寺までお電話下さい。

TEL:0463-95-3232

納骨墓(のうこつぼ)「観音廟」のご案内

近年、少子化や核家族化の影響で菩提寺の無い方がご葬儀のあと、ご遺骨の納骨先をどうするか、または生前中に配偶者やご両親のご納骨に関するご相談が増えました。
中でも特に多いのが「後継者や経済的な事を考えると大きなお墓は必要ないが、合同墓や室内納骨堂、車がないと行かれない遠方の霊園はちょっと、、、やっぱり小さくても自宅のそばで個別のお墓に気楽にお参りしたい。」と言うご相談です。
このような皆様のお悩みのお力になればと思い、円光院では納骨墓(のうこつぼ)観音廟を建立致しました。

納骨墓(のうこつぼ)「観音廟」の特徴

お墓を建立するより費用の面で経済的。
お寺の境内墓所に建立していますので通常のお墓のようにご自由にお参りできます。
個別に区画を分けた納骨室に四霊まで納骨可能。
納骨室にプレート(家紋、俗名、戒名)を付けますので、どこに納骨されているか明確です。
ご遺骨は骨袋にて納骨致します。
後継者がいなくなった方のご遺骨は歴史ある円光院が永代供養致します。
ご遺骨の有無は問いませんので、生前の申し込みも可能です。

使用料(一部屋)
65万円
護持費 年間5千円
プレート代 3万円(税別)


観音さまに守られたお墓です。個別墓地としてお参りできます。

御見学はご自由です。住職不在の時もありますので説明が必要な方は事前にお寺までお電話下さい。

TEL:0463-95-3232

供養の心

ホームページの影響でしょうか?水子供養をご依頼される事が多くなりました。

皆様、色々な事情を抱えての御来院ですが、水子さんを供養してあげたいと言う気持ちは同じです。
円光院での水子供養はご法事と同じです。御本尊さまの前で読経して、成仏を祈ります。

施主さまからの特別なご依頼がない限り、何度も供養を強制したり、自宅安置用の水子地蔵さまやお札をお授けする事は御座いません。

ただ、お帰りの際は境内入口のお地蔵さまに手を合わせて下さいと申しますので、後日いつの間にか、お地蔵さまにお花がお供えされていたり、お子様の玩具やお菓子がお供えされている事が御座います。

本堂での供養後も定期的にお地蔵様にお参りして下さっている方も多いようです。
お地蔵さまは水子さんに限らず、お子様の守り本尊です。
水子供養をした方が、後日、お陰様で赤ちゃんが生まれましたとご報告に来られた事もあります。
お子様のご健康をお祈りして頂く事も宜しいかと存じます。

先日は息子さんを亡くし、ご葬儀をさせて頂いた方が御命日に御挨拶に来られました。
ご遺骨は、地方の御実家の墓地に埋葬されたそうです。
あとで、お地蔵さまに息子さんの好物がお供えしてある事に気が付きました。

衛生上、定期的にお供物は下げさせて頂きますが、皆様の供養の心に、こちらの気持ちが洗われます。
皆様のご健勝をお祈り致します。

ページトップへ